様々なメディカルチェック 患者だけでなく自分にもメディカルチェックする大切さを発信!

検査結果に対して寄与できる看護師

入院患者であっても通院患者であっても、治療を行っている限りは定期的にメディカルチェックを行って経過観察を行い、治療効果が現れているかどうかを確認していきます。
徐々にでもその結果が良くなってくると看護師としても努力をしてきたかいがあって嬉しいものですが、常にそういった結果が出てくるわけではありません。
だんだんと結果が思わしくない状況になってしまう場合も多く、看護師としてこれ以上何もできないことを思い嘆いてしまう人も少なくないのが事実です。
より患者のQOLを上げていきたいと思うのに何もできないというのは看護師にとって嘆かわしい事態でしょう。
そのときにただの看護師だから方法がないのだという視点を持つことが大切になります。

資格を習得することによって医学的な見地に立った根拠のあるアドバイスをしていくことができる可能性が見いだせることは知っておくべきことでしょう。
医療に携わっているという責任の大きさから、簡単に思いつきでアドバイスをすることが難しいのは事実です。
それゆえに医師に指示を仰ぐしかないという状況になってしまいがちなのが看護師ですが、資格さえ持っていればそれを根拠にしてしっかりとしたアドバイスをしていくことが可能になるでしょう。
健診食生活指導士などのメディカルチェックの結果に応じて行う指導に関わる資格があることから、その習得を行っておくとより患者のためになっていくことができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です