様々なメディカルチェック 患者だけでなく自分にもメディカルチェックする大切さを発信!

運動療法に必要な検査の多様性

看護師の仕事としてメディカルチェックを担うことは多く、現場で必要とされる検査方法をだんだんと習得していくことになるでしょう。
治療において基本となる検査には血液検査や血圧測定、身体計測などがありますが、現場によって多様な項目があることは知っておかなければならないことです。
特に運動療法を行う際には運動が可能かどうかをチェックするために患者の容態に応じた様々なメディカルチェックが実施されます。
その検査項目も診療科によって大きな違いがあるだけでなく、同じ診療科であっても職場が違えば検査項目が違うということもよくあることです。
そのため、職場を移ったときには内容に違いが生じることもあると知っておくことが必要になるでしょう。

心電図や血液検査、尿検査は基本的なものとして行われますが、その検査項目も大きく増減します。
また、運動負荷試験を行うことになるのが一般的であり、特に心臓に疾患のある患者の場合には運動時心電図をとったり、心拍応答を確認したりすることが一般的です。
呼吸器疾患の場合には呼気ガス分析が行われて運動中に正常な呼吸が行えるかどうかと確認します。
その他、心エコーなどをとることもありますが、看護師として携わることはなく、検査技師に任せることになるでしょう。
しかし、こういった多様なメディカルチェックを行う必要が生じやすいのが運動療法であり、ただ運動をすれば良いと簡単に患者に言うことができないことは知っておく価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です